HOME | 赤い羽根共同募金について | トピックス

平成30年12月20日

「名古屋銀行従業員組合」から寄付金の寄託

 

 平成30年12月20日(木)愛知県社会福祉会館において、名古屋銀行従業員組合から社会福祉のためにと、共同募金へご寄付いただきました。
 名古屋銀行従業員組合には、平成6年から毎年、年2回のご寄付をいただいております。
 多額のご寄付に感謝を申し上げます。

  

左から、名古屋銀行従業員組合野村書記長、真水中央執行副委員長、
愛知県共同募金会溝口常務理事

 

平成30年12月17日

CBCチャリティ募金寄託贈呈式

 

 平成30年12月17日(月)中部日本放送婦人ホールにて、「CBCチャリティ募金 こどもにぴたっ。」寄託贈呈式を行いました。
 この寄付金は、愛知県を通じて愛知県共同募金会に寄せられ、施設の子どもたちが安心・安全に生活できるための設備整備事業等に配分しています。
 CBCでは、昭和32年からこうした募金活動に取り組まれています。

  

CBC社長(右)から施設の代表者へ目録贈呈

 

平成30年12月15日

「三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社」の社員の皆様からクリスマスプレゼントを寄託

 

 三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券株式会社の社員の皆様から、児童福祉施設の子ども達のためにクリスマスプレゼントを寄託いただきました。
 クリスマスプレゼントは、平成30年12月15日(土)に、母子生活支援施設いちょうの家において、同社員の皆様から子ども達に手渡されました。また、ゲームなどをつうじて同社員の皆様と子ども達が交流し、楽しい催しとなりました。
 今回の企画は、同社内各部署から自主的に集まった社員がプロジェクト・チームを結成し、児童福祉施設の子ども達にクリスマスのホリデー・ギフトを届けるチャリティー企画により実施されたものです。

  

子ども達一人一人にクリスマスプレゼントを手渡されました。

 

平成30年12月14日

「東海テレビ福祉文化事業団」から寄付金の寄託

 

 平成30年12月14日(金)愛知県社会福祉会館おいて、東海テレビ福祉文化事業団から社会福祉のためにと、共同募金へご寄付いただきました。 
 東海テレビ福祉文化事業団には、昭和54年から毎年多額のご寄付いただいております。
 この度のご寄付に感謝を申し上げます。

  

左から愛知県共同募金会 溝口常務理事、東海テレビ福祉文化事業団 太田事務局長

 

平成30年12月14日

名糖産業株式会社」からクリスマスチョコレートの寄託

 

 名糖産業株式会社では、チョコレートを通じて、子どもたちにクリスマスを楽しんでもらいたいと願い、昭和62年から毎年、共同募金会にクリスマスチョコレートのご寄託をいただいています。
 クリスマスチョコレートは愛知県内にある児童養護施設等の子どもたちにプレゼントしています。

  

左から愛知県共同募金会 溝口常務理事、名糖産業株式会社 森課長

 

平成30年12月11日

「ホンダロジコム株式会社」から食料品の寄託

 

 ホンダロジコム株式会社様から、緊急時備蓄用食料品のご寄付をいただきました。
 いただいた食料品は、フードバンクを運営している団体に配分し、当団体を通じて生活に貧困している方々に提供されます。
 この度のご厚意に対し、平成30年12月13日(木)愛知県社会福祉会館にて、感謝状を贈呈いたしました。

  

ホンダロジコム株式会社 林取締役総務部長(右から2人目)と社員の皆様へ
溝口常務理事(左から2人目)から、愛知県共同募金会会長感謝状を贈呈

 

平成30年12月11日

ナゴヤマンガセンター「NHK歳末たすけあい」への寄付者に似顔絵をプレゼント

 

 ナゴヤマンガセンターでは、12月11日、NHK名古屋放送局にて「NHK歳末たすけあい」へご寄付いただいた皆様に、似顔絵をその場で書き上げてプレゼントする「チャリティー似顔絵大会」を実施されました。
 この企画は、ナゴヤマンガセンターが社会貢献活動の一環として毎年実施されており、20年以上にわたるご協力いただいております。

  

ナゴヤマンガセンター 沢村ツトム先生

 

平成30年10月30日

第66回愛知県社会福祉大会

― 愛知県共同募金会長表彰23名6団体、感謝30名7団体を顕彰 ―

 平成30年10月30日(火)、愛知県体育館において、県内の各地より社会福祉の第一線で活躍する関係者の方々に参加いただき「第66回愛知県社会福祉大会」を開催しました。(主催 愛知県、名古屋市、愛知県社会福祉協議会、愛知県共同募金会)
 大会当日は、多年にわたり社会福祉の推進に功績のあった方や団体に、県知事、県社協会長、県共募会長から、表彰状・感謝状が贈呈されました。
 また、「大会宣言・決議」を参加者の総意で採択し、盛会裏に終了しました。

 

愛知県共同募金会 岡谷会長挨拶

 

岡谷会長から総代の鈴木絹子様に表彰状を贈呈

 

岡谷会長から総代の白石好孝様に感謝状を贈呈

 

平成30年10月22日

トヨタ自動車VERBLITSの選手が障害児らと交流

 

 ジャパンラグビートップリーグリーダー会議では、チャリティ活動として「FOR CHILDREN」を掲げ、ラグビーを通じて難病の子どもたちに元気になってもらう、勇気づけることを目的に、中央共同募金会及び愛知県共同募金会が協力のもと、施設の訪問活動が行われることとなりました。
 
 「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」では、彦坂圭克選手、佐藤穣司選手、彦坂匡克選手、春山悠太選手、樺島亮太選手が1022日、名古屋市名東区にある障害児福祉施設の「ほわわ名古屋星ケ丘」を訪問しました。
「ほわわ名古屋星ケ丘」は医療ケアが必要な幼児が通っている施設。当日は、幼児や親など約20人が参加しました。
 選手たちのタックル、スクラム、パスの迫力あるデモンストレーションを目の当たりにして、子どもも親たちも歓声をあげていました。また、選手に抱え上げてもらった子ども達は大はしゃぎ。ラグビーボールを使ったゲームなど選手との交流に目を輝かせていました。選手たちも、試合では決して見ることのできない優しい笑顔でした。

 

平成30年10月1日

「赤い羽根空の第一便」伝達式

 

 愛知県共同募金会では、共同募金運動のスタートにあたり10月1日(月)11時から金山総合駅にて「赤い羽根空の第一便」伝達式を行いました。
 当日は、ANA(全日空)のキャビンアテンダントから、愛知県知事(代理)、名古屋市長に厚生労働大臣からの運動啓発メッセージ、また、県共同募金会長に中央共同募金会長からの運動啓発メッセージと赤い羽根が手渡されました。

 
「赤い羽根空の第一便」伝達式 ANAキャビンアテンダントから、岡谷会長にメッセージを伝達 

  伝達式終了後、街頭募金を行い、名古屋市民生委員・児童委員連盟中区支部、金山保育園、中部盲導犬協会、プロバスケットボールBリーグの豊通Fイーグルス名古屋のみなさんと一緒に「共同募金にご協力をお願いします」と呼びかけました。

 
 

平成30年9月3日

平成30年7月豪雨災害 赤い羽根共同募金が被災地の災害ボランティアセンターを支えます

~愛知県共同募金会の「災害等準備金」から2千80万円を拠出~

 平成30年7月豪雨災害でお亡くなりになられた方々に、謹んで哀悼の意を表します。また被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申しあげます。
 全国の都道府県共同募金会では、災害に備えて赤い羽根共同募金の一部を積み立て、災害発生時に被災地の災害ボランティアセンターの運営等に助成を行う「災害等準備金」制度を設けています。
 今回の豪雨災害の被害規模、特に被害が大きかった岡山県、広島県、愛媛県の3県で開設された災害ボランティアセンターにおけるボランティア活動の状況により、全国の都道府県共同募金会から3県の共同募金会に合計3億円を拠出することになりました。このうち、愛知県共同募金会からは、2千80万円を拠出いたしました。
 全国各地で、毎年多くのみなさんにご協力いただいている赤い羽根共同募金から積み立てられる 「災害等準備金」が、平成30年7月豪雨災害の被災地でのボランティア活動を支えます。


平成30年8月10日

松坂屋名古屋店コラボ企画「Something Red × 赤い羽根共同募金」を実施

 

 松坂屋名古屋店では、「赤」にクローズアップをしたチャリティ企画「Something Red × 赤い羽根共同募金」が催されます。ファッションの赤や雑貨の赤など全館で「赤(サムシングレッド)」が大きく打ち出され、指定された赤にちなんだ商品の売り上げの一部が赤い羽根共同募金に寄付されます。
 秋の先取りは、まずカラーから。「赤い何か」を身につけて、お洒落してみませんか!


平成30年8月3日

「あいち赤い羽根応援団」の募集について

 

 赤い羽根共同募金はあなたの町の子どもたち、高齢者、障がい者などを支援するさまざまな福祉活動に役立てられます。
また災害時には「災害ボランティアセンター」の設置や運営など、被災地支援にも役立ちます。
 愛知県共同募金会では本会を通じて、県内のさまざまな地域福祉の課題解決に貢献いただける企業、団体を募集します。
 企業、団体様のあたたかいご支援とご協力をお待ちしております。
 
 詳しい内容について → 「あいち赤い羽根応援団」の募集について 
 
 登録要綱について  → 「あいち赤い羽根応援団」登録要綱
 
 登録申込書はコチラ → 「あいち赤い羽根応援団」登録申込書


平成30年8月3日

赤い羽根福祉基金 アサヒ飲料「こどもたちの明るい 未来づくり基金」贈呈式

 

 アサヒ飲料株式会社中部北陸支社では、中央共同募金会を通じて、愛知県・石川県・福井県・岐阜県・三重県内の20か所の子ども食堂に対して、総額300万円のご寄付をいただきました。また、併せて「三ツ矢サイダー」と「カルピスウォーター」が寄贈されました。
 この寄付金は、子ども食堂実施団体における運営のための食材や備品などの購入に活用されます。
 ご寄付にあたり、本会が5県を代表し、平成30年8月3日、愛知県社会福祉会館において、目録と感謝状の贈呈を行いました。

 
左から愛知県共同募金会 溝口常務理事、アサヒ飲料株式会社坪野中部北陸支社長
 

平成30年6月25日

「名古屋銀行従業員組合」から寄付金の寄託

 

 名古屋銀行従業員組合から社会福祉のためにと、共同募金へご寄付いただきました。
 この度のご厚意に対し、平成30年6月25日(月)愛知県社会福祉会館において、感謝状を贈呈いたしました。 

 
右から名古屋銀行従業員組合 野村副委員長、川口副委員長
愛知県共同募金会 溝口常務理事
 

平成30年4月28日

豊通ファイティングイーグルス名古屋、児童福祉施設の子ども達をホームゲームに招待

  

 豊通ファイティングイーグルス名古屋(Bリーグ所属 プロバスケットボールチーム)では、プロバスケットボール選手ならではの素早いパスやダンクシュートなど迫力あるプレーを会場で体感いただき感動や元気を与えたい、スポーツへの夢や憧れを抱いていただきたいと、愛知県共同募金会をつうじて児童福祉施設などの子ども達やひとり親家庭の親子を12試合、延べ40施設・団体、343名の皆様をホームゲームに招待いただきました。
 この度のご厚意に対し、平成30年4月28日(土)枇杷島スポーツセンターにて開催されました豊通ファイティングイーグルス名古屋VS岩手ビッグブルズの試合会場において、感謝状を贈呈いたしました。 

 

豊通ファイティングイーグルス名古屋 坂口代表理事(中央)へ感謝状を贈呈

 
 

豊通ファイティングイーグルス名古屋の試合 迫力あるプレーに感動

 

平成30年4月10日

「社会福祉法人春岡会」から食料品の寄託

  

 社会福祉法人春岡会様から、緊急時備蓄用食料品のご寄付をいただきました。
いただいた食料品は、フードバンクを運営している団体に配分し、当団体を通じて生活に貧困している方々に提供されます。
 この度のご厚意に対し、平成30年4月10日(火)愛知県社会福祉会館にて、感謝状を贈呈いたしました。

 
左から愛知県共同募金会 溝口常務理事、
社会福祉法人春岡会 伊藤総務課長、松井氏

平成30年4月6日

配分決定通知書交付式

  

 平成30年4月6日(金)愛知県社会福祉会館において、平成30年度配分決定通知書交付式を開催しました。
 これは、平成29年度に赤い羽根共同募金運動に寄せられた募金を財源に、当日
123の施設、団体に配分決定通知書を交付するものです。
 配分金は、車いすのまま乗車できる車の購入、福祉施設の補修、DV被害者の支援活動などに活用されます。
 また、式典では共同募金を集めている立場と募金を活用して事業を行う立場の方に活動発表をしていただき、お互いの状況や課題などについて理解を深めました。

 
加藤副会長より挨拶
 
鬼頭副会長(左)より施設の代表者へ
配分決定通知書を交付
 
活動発表

平成30年3月31日

中部フィルハーモニー交響楽団からコンサート招待券の寄託

  

 中部フィルハーモニー交響楽団では、社会貢献活動の一環として、愛知県共同募金会を通じて、平成29年度に7回にわたり、252名の福祉施設等の皆様方を招待いただきました。
 鑑賞された皆様からは、「生のオーケストラを初めて聴いて感動した。」「大迫力に圧倒された。」など、喜びの声をたくさんいただいております。
この度のご厚意に対し、平成30年3月31日(土)小牧市市民会館ホールのコンサート会場にて、感謝状を贈呈いたしました。 

 
左から中部フィルハーモニー交響楽団建部理事長、
愛知県共同募金会溝口常務理事

平成30年3月23日

三菱電機SOCIO-ROOTS基金から寄付金の寄託

  

 平成30年3月23日(金)愛知県社会福祉会館において三菱電機SOCIO-ROOTS基金の贈呈式を行いました。
 この財源は、社員等からの寄付に対して、三菱電機株式会社がその同額を加えて寄付をするマッチング・ギフトにより、共同募金会を通じ、社会福祉を目的とした事業に寄付を続けられております。
 三菱電機株式会社名古屋製作所では、本年も社会福祉施設で有効に使ってほしいと、三菱電機SOCIO-ROOTS基金として、共同募金会に寄託されました。

 
左から愛知県共同募金会溝口常務理事、
三菱電機(株)名古屋製作所大隈総務課長

平成30年3月9日

児童養護施設入所児童等に就職支度支援金を贈呈

―「連合愛知助け合い運動就職支度支援金贈呈式」を開催―

  平成30年3月9日(金)愛知県社会福祉会館において「連合愛知助け合い運動就職支度支援金贈呈式」を開催しました。
 この財源は、連合愛知の組合員の皆さんが取り組まれている「連合愛知助け合い運動」によるもので毎年、共同募金会に寄託いただいています。
 当日は、連合愛知の佐々木会長が児童の席を回り、就職支度支援金を渡しながら、一人ひとりに激励の言葉をかけられました。
 さらに、愛知県労働者福祉協議会土肥会長より、飲食店等で割引の利用が受けられる「ハートフルカード」が贈呈されました。
 式典終了後の懇談会では、児童に今後の抱負、将来の夢や希望、就職支度支援金をどのように使うかを尋ねたところ、「自分の夢のためにがんばりたい」、「資格取得の一部に活用したい」、「新生活に役立てたい」など、多くの頼もしい発言が寄せられました。

 

連合愛知佐々木会長から、児童一人ひとりに就職支度支援金を贈呈

 
 

愛知県労働者福祉協議会土肥会長より児童代表にハートフルカードの贈呈

 
 

児童代表者の謝辞
児童「就職支度支援金は大切に使わせていただく。社会人になっても多くの方々に支えられているのを忘れずに感謝の気持ちを大切にし、自分の夢が叶うようがんばりたい。」

 

平成30年2月20日

「連合愛知」「愛知労福協」から寄付金の寄託

 

 平成30年2月20日(火)、愛知県社会福祉会館において、日本労働組合総連合会愛知県連合会(連合愛知)から37,668,090円、愛知県労働者福祉協議会(愛知労福協)から236,103円の寄付金の寄託をいただきました。
 連合愛知では、平成4年度から「連合愛知助け合い運動」として、組織内任意カンパを県内の組合員の皆さんに呼びかけられ、共同募金運動に多大なるご理解とご協力をいただいております。平成4年度からの寄付金の累計額は、10億1,173万円余となります。
 また、愛知労福協におかれましても、永年にわたり構成組織の窓口に募金箱を設置するなど共同募金運動にご協力いただいております。
 寄託式において、愛知県共同募金会の岡谷会長から感謝状を贈呈いたしました。

 
右から、連合愛知 佐々木会長、共同募金会 岡谷会長、
愛知労福協 土肥会長


トピックス

平成30年